外資系企業に就職する

総合商社が外国駐在員になるチャンスが多いとすれば、在日の外資企業のほうは居ながらにして外国人の間で仕事が出来る場所です。日本の会社が海外に進出しているように、外国からも日本に進出してきている企業は多く、それらの会社は現地採用として日本人を多く雇い入れるのです。

 

こうした外資系企業は圧倒的にその母体が欧米にある場合が多いようです。それだけに給与水準は高く、中には年収換算で日本企業の標準に比べ倍以上のところもあるぐらいです。

 

【外資系企業は徹底的な実力主義の過酷な競争社会である】給与も高く、一見語学の訓練に役立ちそうな外資系企業ですが、一歩仕事に入ればその厳しさは相当なもので、徹底的な成果主義がとられ、会社の利益に貢献できない者はたちまち除外されてしまいます。

 

今でこそ日本でも長年続いてきた年功序列制から実力評価主義に移行しつつありますが、まだまだ外資系企業に比べると甘いところだらけで、比べること自体に無理があるようです。外資系企業まさに”利益を出さざるものは去れ”の一辺倒で、生き残る道はこれだけなのです。ですから一時の憧れや待遇のよさだけに惹かれてこの道を選ぶと失敗する可能性が大きいようです。

 

結局のところ、外国語を学ぶ場所として選ぶ職場ではありません。こうした職場に必要な人はすでにある程度語学力のある即戦力として通用する人たちなのです。したがって外資系企業とは厳しい仕事の場所であって、決して英語を学ぶところではないのです。やはり語学修得には仕事を離れたところで学ぶのが正しい方法のようです。