今では小学校にも英語の授業が

昨年、2011年から公立小学校で正式に英語授業がスタートしました。現在のところは5〜6年生が対象で週1回のレッスンになっています。教えるのには日本人教師と外国人教師がペアを組んで当たっているようです。
その教え方も最初はゲームなどをふんだんに取り入れ、まず子どもたちに英語に興味を持たすことから始めているようです。つまり英語学習は楽しいと思わせ、子どもたちを英語好きにすることから始まっています。

 

【小学生の英語指導では外国人講師だけでは無理】英語学習はやはりネイティブに習うのが一番ということはよく言われていることです。でもこれは学ぶ目的をはっきり自覚している大人に対して言われることで、必ずしも子どもには当てはまりません。

 

したがってそうした英語に対する目的意識など特にない小学生にとって、日本語のよく分からない外国人講師を当てるとコミュニケーションに支障をきたして、やがて子どもたちは飽きてしまうかもしれないのです。それは講師が子どもたちを引きつけることが出来ないからです。

 

小学生のような小さな子どもにものを教えるにはまずひきつけが大切なのです。ですから授業ではネイティブの講師は補助になって、主役は子どもの引きつけ方が上手な日本人教師の方が適している場合が多いのです。せっかく始めた英語の授業もすぐ興味を失ってしまったのでは何にもなりません。

 

したがってよほど日本語が上手で、しかも子どもの引きつけ方が上手なネイティブでない限り、単独で指導に当たるのは無理なのです。そのために日本人教師とペアで教えることが大切になるのです。