語学留学にはどの国がいいのか

語学はなんと言っても正しい発音が大事です。単に英語と言っても世界中のあらゆる国で使われていて、国によっては必ずしも正しい発音によるものばかりではないようです。欧米はともかく、ネイティブが少ない国の英語はとかくブロークンであったり、発音に問題があったりすることが多いようです。

 

ですからせっかく語学研修に出かけても、そうした悪影響を受けたのでは、留学の意味がありません。せっかく留学して英語を学ぶのですから、出来たら正しい発音のきれいな英語を学びたいものです。

 

例えばもし米国に行くなら、もっとも標準的な英語が話されているという中西部の都市を選ぶといいのではないでしょうか。【学ぶならやはり正しい発音のきれいな英語が望ましい】日本語でもそうですが、一方できれいな言葉がある反面、もう一方ではそうでない言葉というのもあります。こうした場合聞くほうとしてはきれいな方の言葉を聞くほうが気持ちがいいのが普通です。逆にそうでない言葉に接すると、聞いていても気持ちのいいものではありません。

 

これは外国語の場合も同じです。まだ英語に熟練してない人は、いろいろな英語を聞いても、その違いがよく分からないようですが、英語にも当然そうした違いはあります。したがって私たちは他人が聞いて気持ちがよくなるような、正しい発音のきれいな英語を学ぶ必要があります。それだけに語学留学に際しては、そうした点に注意して相手国を選ぶ必要があるのです。

 

 

いま多くの人が語学留学の候補先として英国を挙げるのは、やはり英語の発祥の地であり、クイーンズイングリッシュとも呼ばれる美しい英語が話されているからであるに違いないでしょう。