社内公用語が英語 ・楽天

インターネット全盛時代を迎えた今、日本企業の英語への取り組みは以前にも増して盛んになっているようです。

 

その中でも「楽天」の取り組み方は他の会社とは一段水準が違うほど、かなり高いレベルにあるようです。じつは楽天は社内の公用語を英語にしているのです。つまり社内での仕事上の会話はもちろんのこと、社内メールも、あらゆるドキュメント類にも、使われるのは英語だけで、日本語はNGなのです。

 

社内での英語使用をここまで徹底しているのは日本企業では珍しく、国内での社員の語学力の水準が比較的高いと思われる総合商社でもここまではいっていないのではないでしょうか。「楽天には外国人社員が非常に多い】楽天はインターネット企業として世界の市場でのビジネス展開を目論んでおり、それを可能にするために社員の英語力向上に関する戦略をいま着実に進めているようです。

 

その一環として行われたのが社内の公用語を日本語から英語への変換なのです。インターネット企業として世界制覇を目指す楽天の社員は特に英語力が必要であり、それなくして世界制覇のための海外戦略は不可能なのです。それゆえに語学力の優れた外国人を即戦力としてたくさん採用しており、そうした人たちが日本人社員とよりよいコミュニケーションを保てるようにと、日本人社員側に英語力向上を求めているのです。

 

日本にありながら社内公用語を英語にするというようなことは、じつに思い切った決断であり、それだけこの企業を率いる三木谷社長の国際戦略についての思いが深いのに違いありません。